三次商工会議所ホームページ>三次市景況調査

三次市景況調査とは

三次市内の商工業者の経済動向を迅速に把握するため、地場産業を始めとした各産業の季節感・景況感・見通しを含めて四半期毎に調査を行っています

 

 

PDF形式になります

令和02年01~03月期
令和01年10~12月期
令和01年07~09月期
平成31年04~06月期
平成31年01~03月期
平成30年10~12月期
平成30年07~09月期
平成30年04~06月期
平成30年1~3月期
平成29年10~12月期
平成29年7~9月期
平成29年4~6月期
平成29年1~3月期
平成28年10~12月期
平成28年7~9月期
平成28年4~6月期
平成28年1~3月期
平成27年10~12月期
平成27年7~9月期
平成27年4~6月期
平成27年1~3月期
平成26年10~12月期
平成26年7~9月期
平成26年4~6月期
平成26年1~3月期
平成25年10~12月期
平成25年7~9月期
平成25年4~6月期
平成25年1~3月期
平成24年10~12月期
平成24年7~9月期
平成24年4~6月期
平成24年1~3月期
平成23年10~12月期
平成23年7~9月期
平成23年4~6月期
平成23年1~3月期
平成22年10~12月期
平成22年7~9月期
平成22年4~6月期
平成22年1~3月期
平成21年10~12月期
平成21年7~9月期
平成21年4~6月期
平成21年1~3月期
平成20年10~12月期
平成20年7~9月期
平成20年4~6月期
平成20年1~3月期
平成19年10~12月期
平成19年7~9月期
平成19年4~6月期
<DI (ディフュージョン・インデックス)について>

・DIは景気が上向きか、下向きかを表す指数である。
DIが0より大 : 景気上向き
DIが0 : 景気横ばい
DIが0より小 : 景気下向き
・DI(%)=(増加・良好などの割合)-(減少・悪化などの割合)
生産額・売上額 : DI=(増加)-(減少)
製品・商品在庫 : DI=(減少)-(増加)
資金繰り : DI=(好転)-(悪化)
採算(収益) : DI=(上昇)-(下降)
従業員数 : DI=(不足)-(過剰)
業況総合判断 : DI=(好転)-(悪化)

三次市景況調査平 令和2年4-6月期 調査報告


1.調査時点 令和2年6月
2.対象地区 三次市内
3.対象企業 三次商工会議所会員事業所
4.調査方法 記入式によるアンケート調査
業 種 小売業 卸売業 製造業 建設業 運輸
交通業
観光
サービス業
全業種 回収率
合 計 89 31 41 60 19 50 290 58.0%

●長期停滞の懸念も 92%が新型コロナで悪影響

『もとの状態まで』1年以上が7割強


令和年46月期 三次市景況調査[概要]

今期(4~6月)の調査結果を見ると、自分の事業所の状況をどう見ているかを示す業況D.Iは、全業種平均で▲62.6と、3ヶ月前の前回調査から23.4ポイント悪化した。業況が「かなり好転」と答えた事業所が1.0%、「やや好転」が10.7%で、逆に「やや悪化」が33.9%、「かなり悪化」が40.5%だった。売上D.Iも▲32.0から28.4ポイント悪化し▲60.4。採算D.Iも27.4ポイント悪化し▲63.2。原材料(商品)仕入価格は18.3から7.1と下降傾向。

 前回に引き続き今回も事業所に対し、「新型コロナウイルス感染症の拡大による経営への影響」について尋ねたところ、『悪影響がある』と見込む事業所は92%(263社)に上り、前回調査の84.1%(227社)からさらに増えた。内訳をみると、「大きな影響がある」が54.9%(157社)、「やや影響がある」が26.6%(76社)で、「今後、悪影響が生じる可能性がある」が10.5%(30社)となった。「影響はない」とする事業所は5.9%(17社)だった一方、「需要(注文)が増えている」は2.1%(6社)にとどまった。

 「経済活動が新型コロナウイルス発生前の状態に戻るのにどれくらいかかると思うか」については、「半年位」と迅速な回復を見込んだのは13社(4.6%に過ぎず、7割以上の200社(71.1%)が1年以上かかると回答。「全く見通しがつかない」との回答も68社(24.2%)あった。新規感染者が減り、緊急事態宣言や都道府県をまたいでの移動が会場されるなど日常生活は徐々に戻りつつあるが、経済活動は長期に渡って停滞する懸念が強まっている。

三次商工会議所

 



ピオネット物怪プロジェクト三次三次市観光公式サイト中小企業大学校広島港