三次商工会議所ホームページ>三次商工会議所からのおしらせ

※受付は終了いたしました。7月15日をもって協力支援金センターの業務は終了しました。

広島県から令和2年4月22日から5月6日まで休業・時間短縮等の要請に全面的に協力・実施した中小企業者に対する支援金について発表されました。
なお、テイクアウト、お持ち帰り、出前のみを行う場合は、休業扱いとなり支援金の対象となります。
(この協力支援金は、補正予算が広島県議会で可決された場合に実施されます。)

中小企業者 (雇用者がいる事業者)

食事提供施設以外 (休業かつ雇用の維持) … 30万円 (2店舗以上有する事業者50万円)

食事提供施設 (休業かつ雇用の維持) … 30万円 (2店舗以上有する事業者50万円)

食事提供施設 (営業時間の短縮) … 10万円 (2店舗以上有する事業者15万円)

中小企業者 (雇用者がいない事業主)

食事提供施設以外 (休業) … 20万円

食事提供施設 (休業) … 20万円

食事提供施設 (営業時間の短縮) … 10万円

※ 要請・依頼への協力事業者として、施設名を県のホームページで紹介いたします。
※ 支給後、条件等を満たしていないことが分かった場合、返還義務が生じます。


※支援金の詳細は、下記広島県ホームページでご確認ください。

広島県感染拡大防止協力支援金について

令和2年4月18日に開催された新型コロナウイルス感染症に係る第11回広島県対策本部員会議で行われた休業への協力要請等の緊急事態措置に関する内容を掲載しています。

新型コロナウイルス感染症に係る休業要請等のお願い(広島県ホームページ)

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、雇用調整助成金の申請をお考えの方の相談、質問に社会保険労務士がお応えいたします。

相談はマンツーマンで秘密厳守、相談料無料です。

 社労士個別相談会

 

雇用調整助成金とは?

 経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、労働者に対して一時的に休業、教育訓練又は出向を行い、労働者の雇用維持を図った場合に、休業手当等の一部を助成するものです。

売り上げ50%超減少の個人事業100万円、法人200万円が上限。

4月7日に閣議決定された「緊急経済対策」において、「持続化給付金」が盛り込まれました。

特に厳しい状況にある事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる事業全般に広く使える給付金を支給するものです。

 現在、制度の具体的な内容や条件について検討されており、詳細が決まり次第公表されることになっています。
相談・申請先等についても今後決定しますので、それまでの間は下記が問合せ先となります。

持続化給付金

持続化給付金事業 コールセンター

0120ー115ー570
03-6831-0613
(通話料がかかります)

【5月・6月】
全日8:30~19:00

【7月】
日曜日~金曜日8:30~19:00(土祝日を除く)

【8月以降】
日曜日~金曜日8:30~17:00(土祝日を除く)

※電話番号はお間違えのないようにお願いいたします。

持続化給付金(オモテ)

持続化給付金(ウラ)


第55回複式簿記セミナーは新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、中止を決定いたしました。

完成拡大収束後に時期を変更して開催する場合は三次商工会議所ホームページでお知らせいたします。



<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 45ページ中6ページ目


ピオネット物怪プロジェクト三次三次市観光公式サイト中小企業大学校広島港